使用製品
製品情報はこちら



材料
材料(4人分)1人分 335kcal 調理時間 30分
きび砂糖
大さじ3・1/2
しょうゆ
大さじ4・1/2
芽キャベツ
60g(4個)
 
鶏手羽元
840g(12本)
小玉ねぎ
240g(8個)
人参
120g
だし汁
800cc(4カップ)
大さじ3


下準備
鶏手羽元は、縦に切り込みを入れ、酒少々(分量外)を入れた熱湯で下茹でし、ザルに上げておく。
小玉ねぎは、皮をむき、根元を除いておく。
人参は、皮をむき、切り口が2㎝位の乱切りにしておく。
芽キャベツは、芯の部分に十字に切り込みを入れ、塩少々(分量外)を入れた熱湯で下茹でし、ザルに上げておく。

作り方
鍋に、を全て入れ、落しぶたをして、鶏手羽元に火が通るまで煮込む。
(目安:沸騰後 弱火~中火 10分~)
【1】にきび砂糖を加えて煮込む(目安:弱火~中火 5分~)。さらに、しょうゆを加える。
【2】の鶏手羽元に照りが出てきたら、芽キャベツを加え、さっと温めて火を止め、器に盛り付ける。

ポイント
春ならではの、芽キャベツ・小玉ねぎを使用して、炊き合わせに仕上げました。ぜひお花見などのお弁当などにもご活用頂きたい1品です。
きび砂糖を使用することで、短時間でこっくりとコクのある仕上がりにすることができます。
きび砂糖が素材の自然な甘みを引き出していますので、鶏の臭みもなくおいしく召し上がることができます。
鶏手羽元は、縦に包丁で切り込みを入れておくことで食べ易く、また火通りをよくすることができます。
小玉ねぎは、熱湯に1分程つけると皮がむき易くなり、便利です。