重点領域2

環境に配慮した事業プロセスの追求

サプライチェーン全体で、環境負荷の削減を目指します

砂糖製造のサプライチェーンの中で、特に環境負荷が高いのが「製造」と「物流」のプロセスです。 精製糖の製造には大量のエネルギーが必要であり、省エネルギーや高効率の設備の導入は重要な課題です。また、原料糖も製品も、重くかさばりやすいという特徴があることから、効率のよい物流の実現が求められます。 日新製糖グループの活動が地球環境に与える影響を常に意識しながら、事業活動を行っていく必要があると認識しています。

液糖はタンクローリー、製品はトラックでの輸送が中心

今福工場で、様々な取り組みが進んでいます

グループの製造拠点では、様々な取り組みを展開しています。
日新製糖グループの主要工場のひとつ、大阪市の今福工場は、西日本の生産拠点として、上白糖やグラニュ糖などの定番製品のほか、氷砂糖も生産しています。
その製造プロセスの中で、環境負荷低減を目指した取り組みに着手しています。

省エネルギー

今福工場では、毎年エネルギー原単位の1%削減を目標に、省エネ活動に力を入れています。
1993年に重油から都市ガスのボイラーへ切り替え、2003年には小型のボイラーに置き換えました。ボイラーを小型化することで、工場の負荷変動に応じて細やかな燃焼管理ができ、ムダを減らすことができます。2014年には高効率のボイラーに変更、CO2排出量・窒素酸化物排出量のさらなる削減に貢献しています。 また、照明のLED化も進めています。

省エネルギーに貢献する高効率の小型ボイラー

水の使用量削減

今福工場では1日約1,000トンの水を使用します。そのうち、上水で約200トン、それ以外の約800トンは工業用水を自社で浄化して使用しています。
水をムダに使用することのないよう、プロセス管理を徹底することを基本としています。また、プロセスに影響の出ない部分の再利用を進めています。

運河と「はしけ」を使った原料輸送

大型船で大阪港に到着した原料糖を「はしけ」に移し、河川ルートで工場の裏手にある城北運河に運び入れ、荷卸し場から工場内に搬入します。
この輸送方法は1954(昭和29)年の操業当時から導入されており、現在は一度に400トンの原料糖を運べる輸送手段として活用しています。

「はしけ」で今福工場まで運ばれてきた原料糖

グループ全体でも、環境負荷低減に向けて取り組みます

日新製糖では、ISO14001の認証を取得することを中長期のCSR目標に定めています。
エコオフィス活動として、業務に使用する印刷紙の数量を把握し、使用量を30%削減することを目指しています。また、本社・千葉地区では、総エネルギー使用量を前年度比1%削減するという目標を掲げています。
種子島の新光糖業では、さとうきび圧搾後のバガスを燃焼して発電する設備を稼働させているほか、プロセスで発生する熱を蓄熱し、島内でエネルギーリサイクルを行う研究を大学と共同で始めています。
一つひとつの活動を積み重ね、地球環境への負荷を低減した事業活動をグループ全体で実現していく考えです。

活動の現場から

「はしけ」は、
「水の都」ならではの
環境にやさしい輸送方法

日新製糖株式会社 今福工場 製造部長 廣渡 洋二

大阪は昔から、川と運河が幾筋も流れ、水路による物資輸送が盛んな土地でした。今福工場が立地しているのも城北運河沿いで、創業当時から「はしけ」を使った原料糖の輸送が行われてきました。
「はしけ」は、一度に400トンもの輸送能力を有しています。10トンダンプカーなら40台分にもなります。今福工場周辺は住宅地に囲まれ、道幅も狭いことを考慮すると、工場のすぐ裏に運河が流れる地の利を生かし、周辺地域の環境にも配慮した合理的な輸送手段と言えるでしょう。
さらに「はしけ」は、CO2排出量がダンプカーの4分の1という点でも、環境負荷の低い輸送手段といえます。
当社の「はしけ」輸送は、古き良き水の都・大阪を偲ばせる輸送風景として、大阪市の都市景観資源にも登録されています。この地で操業していくために不可欠な「はしけ」で、今後も地域と地球にやさしい輸送を続けていきます。