お問い合わせ

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

知る・楽しむ

  1. トップページ
  2. 知る・楽しむ
  3. お砂糖研究所
  4. お砂糖の歴史

お砂糖研究所

お砂糖の歴史
世界にまつわる砂糖の歴史
砂糖は紀元前に誕生していた
紀元前4世紀頃

アレキサンダー大王がインドへ遠征した際の遠征禄にサトウキビの栽培が記録されている。


5世紀頃

インド周辺のペルシャやエジプトなどの国々にサトウキビの栽培と、砂糖のつくりかたが伝わる。


6世紀頃

中国で砂糖がつくられていたとの記述が残っている。


11~13世紀

キリスト教徒による十字軍が遠征の帰路の際、サトウキビを持ち帰る。


15世紀

コロンブスが地中海の島々からサトウキビを西インド諸島に移植。アメリカ大陸に砂糖が伝わる。


16世紀

砂糖の国際間貿易もはじまり、砂糖は重要な貿易物資となる。

てん菜の製糖技術はヨーロッパで発達
18世紀中頃

ドイツで寒冷地でも栽培できる新たな砂糖原料であるてん菜(サトウダイコン)から砂糖をつくる技術が開発される。


19世紀

てん菜からつくられた砂糖が実用化される。 当時ヨーロッパ支配を広げていたフランス皇帝であるナポレオンの貿易禁止政策により、ヨーロッパ大陸諸国で砂糖の供給が途絶える。この結果、てん菜糖業の産業化を強力に推し進めることとなり、ヨーロッパでのてん菜糖業が発達。


日本にまつわる砂糖の歴史
高級品として日本へ伝来
8世紀(奈良時代)

唐招堤寺の開祖、鑑真和尚が中国から持ち込んだといわれている。 当時、砂糖は極めて貴重で、薬として扱われる。


15世紀(室町時代)

貴族や武士の間で流行した茶の湯と共に羊羹や砂糖饅頭などの和菓子が発達。 高級品であった砂糖が、少しずつ菓子原料としても使われるようになる。


南蛮貿易で広まる砂糖
16世紀中期(安土桃山)

南蛮貿易により砂糖を用いてつくられたカステラやビスケットなどが持ち込まれ、砂糖が広く伝わる。


17世紀中期(江戸時代)

南蛮貿易は盛んになり、砂糖の取引も増加。年間3,000~4,000トンが取引されたことが明らかにされている。


明治時代には一般庶民へ
18世紀中期(江戸時代)

江戸幕府8代将軍徳川吉宗により国内産糖の奨励策がとられ、全国各地に製糖業が広まる。そして、明治時代に入り、海外から近代的な製糖技術が流入し、砂糖はようやく一般庶民に行き渡るようになった。

(参考:精糖工業会発行資料)

TOP