四季のコクうまきび砂糖レシピ

夏レシピ

test

test

酸味のあるものが食べたくなる季節。
マヨネーズの酸味ときび砂糖の甘さの相性がいい。
豆腐のタルタルソースでヘルシーに仕上げた一品。

test

  • 鶏もも正肉
    1枚(300g)
  • おくら
    4本
  • もめん豆腐
    150g
  • 少々
  • 片栗粉
    適量
  • 万能ねぎ
    2本
  • すだち
    1個
  • 【A】
  • きび砂糖
    小さじ2
  • 大さじ1
  • しょうゆ
    大さじ2
  • 【B】
  • きび砂糖
    小さじ1
  • マヨネーズ
    大さじ3
  • うすくちしょうゆ
    大さじ1/2
  • 辛子
    小さじ1/2

test

  • ①豆腐はしっかり水切りして、中の水分まで抜いておく。

  • ②おくらは塩ずりして、沸いた湯でさっと茹でて氷水に落とす。水けをふいて、へたを切り、小口切りにする。万能ねぎも小口切りにする。

  • ③鶏肉は一口大に切り、Aをもみこみ、10分置く。水けを切り、片栗粉をまぶす。

  • ④③を170℃の油で3分揚げて、取り出して3分休ませ、もう2分揚げる。

  • ⑤①をボールに入れ、Bを加え泡立て器で混ぜ合わせ②を加える。

  • ⑥④を器に盛り、⑤、半分に切ったすだちをそえる。

test

豆腐の水けをしっかり切る時は、ペーパータオルを巻いて、バットやお皿などの重しを上に乗せて30分ほど置く。塩ずりとは、まな板の上におくらをのせて塩をまぶし、両手で転がすこと。油の温度は菜箸でわかる。熱した油に菜箸の先を入れて、1呼吸置いて気泡が出るくらいがだいたい170℃くらい。温度が低いと、5秒だっても気泡は出ないし、高いとすぐにバチバチってなる。

test

豆腐の水けをしっかり切る時は、ペーパータオルを巻いて、バットやお皿などの重しを上に乗せて30分ほど置く。塩ずりとは、まな板の上におくらをのせて塩をまぶし、両手で転がすこと。油の温度は菜箸でわかる。熱した油に菜箸の先を入れて、1呼吸置いて気泡が出るくらいがだいたい170℃くらい。温度が低いと、5秒だっても気泡は出ないし、高いとすぐにバチバチってなる。

Copyright (C) Nissin Sugar Co., Ltd. All Rights Reserved.