なすと桜海老の田舎煮

みょうがとなすって相性がいい。ピリッとした味が
全体を引き締める。だしを使わないから日持ちもするので
沢山作っておくのもおすすめ。

材料(作りやすい量)

  • ● なす3本
  • ● 桜海老5g
  • ● みょうが1個
  • ● サラダ油大さじ2

  • ● 水300cc
  • ● きび砂糖大さじ3
  • ● しょうゆ大さじ2

作り方

  • 1.なすはへたを切り、縦半分に切って皮目に包丁で切り込みを入れ、ななめ半分に切る。
  • 2.フライパンに油を熱して①のなすを中火で炒める。
  • 3.油がなじんだらAと桜海老を加えて、アルミ箔をかぶせて中火で7~8分煮る。
  • 4.みょうがは小口切りにする。
  • 5.なすが煮えたら器に盛り④のみょうがをのせる。
笠原 将弘さんのイメージ

笠原 将弘さんのひとこと

笠原 将弘さんのひとこと

桜海老と一緒に煮るとダシが出る。
なすは包丁で切り込みを入れると味が染み込みやすくなるし、 油と相性がいいから、油で炒めると仕上がりにコクがでる。
浸透圧で味が染み込むから出来てすぐ食べるよりも一度常温まで冷ますのが良い。
みょうがの代わりに、生姜やゆずの皮をちらすのもおすすめ。

桜海老と一緒に煮るとダシが出る。
なすは包丁で切り込みを入れると味が染み込みやすくなるし、 油と相性がいいから、油で炒めると仕上がりにコクがでる。
浸透圧で味が染み込むから出来てすぐ食べるよりも一度常温まで冷ますのが良い。
みょうがの代わりに、生姜やゆずの皮をちらすのもおすすめ。

レシピを探す

絞り込み検索

季節

食材

Copyright (C) Nissin Sugar Co., Ltd. All Rights Reserved.