かつおの手こね寿司

新鮮な秋の旬を、きび砂糖の軽やかな甘みでクセなく楽しめる三重の漁師料理。

材料(作りやすい量)

  • ● かつお刺身用200g
  • ● 大葉5枚
  • ● 紅生姜30g
  • ● 白胡麻大さじ1
  • ● 焼き海苔1/2枚
  • ● ごはん600g

A

  • ● しょうゆ大さじ3
  • ● きび砂糖大さじ1

  • ● 酢大さじ5
  • ● きび砂糖大さじ2
  • ● 塩小さじ2

作り方

  • 1.大葉は細切りにする。
  • 2.かつおは1㎝厚さの一口大に切る。
  • 3.Aを混ぜ合わせて②を15分漬ける。
  • 4.熱々のごはんにBを混ぜ合わせて、酢飯を作る。
  • 5.器に④を入れ、海苔をちぎって散らす。
  • 6.③の汁気を切って上に盛り付け①、紅生姜、白胡麻を散らす。
笠原 将弘さんのイメージ

笠原 将弘さんのひとこと

笠原 将弘さんのひとこと

鮮度が大事な漁師料理なので、漬け過ぎは身が引き締まり過ぎてしまうのでNG。
刺身の新鮮さを損なわない15分がベスト。

鮮度が大事な漁師料理なので、漬け過ぎは身が引き締まり過ぎてしまうのでNG。
刺身の新鮮さを損なわない15分がベスト。

レシピを探す

絞り込み検索

季節

食材

Copyright (C) Nissin Sugar Co., Ltd. All Rights Reserved.