お砂糖を知る

お砂糖ができるまで カップくん シュガーちゃん

お砂糖ができるまで

お砂糖はどうやってつくるの?大自然から生まれたお砂糖ができるまでを知ろう!

お砂糖は何からできているの?

カップくん はてな

う~ん、お砂糖はあまいけど・・・原料って何だろう?

シュガーちゃん 普通

わたし知ってるー!沖縄おきなわでたくさんとれるサトウキビだよ!

キビー

シュガーちゃん、よく知っているね!その通り!ほとんどのお砂糖はサトウキビを原料にしてつくられているんだよ。

カップくん はてな

っということは、他にもお砂糖の原料になるものはあるってこと?

キビー

いいところに気づいたね!お砂糖の原料になるものは2つあるんだ。これから2つの原料と、それぞれの原料からどのようにお砂糖をつくっているのか、くわしく説明していくね!

お砂糖の原料は「サトウキビ」と「てん菜」

キビー

太陽の日差しを浴びて光合成を行うことで、「サトウキビ」のくきと「てん菜」の根にたっぷりと「あまさ」がたくわえられるんだ。その「あまさ」を取り出して結晶けっしょうにしたのがお砂糖なんだよ。

サトウキビ:
太いくきが特ちょうのイネ科の植物。3~6メートルの高さまで成長し、湿度しつどの高い暖かい地域ちいきでとれる。日本では、鹿児島県南西諸島や沖縄で主に栽培さいばいされ、収穫しゅうかくできるようになるまでには約9~18か月かかる。サトウキビからつくるお砂糖を「かんしゃとう」とよぶ。

てん菜:
見た目は大根やカブに似ているけど、実はホウレン草のなかまでヒユ科の植物。あまさをふくむ白い根の部分は、直径10~15cmまで成長し、重さは約1キロ。サトウキビとは違い涼しい地域ちいきでとれ、日本では北海道で主に栽培されている。収穫しゅうかくできるようになるまでには6か月ほどかかり、てん菜からつくるお砂糖を「てん菜糖さいとう」とよぶ。

お砂糖のつくり方

キビー

「サトウキビ」と「てん菜」では、お砂糖のつくり方がちがうんだ。まず「サトウキビ」からつくる方法をしょうかいするね。「サトウキビ」からお砂糖をつくる時は、2段階だんかいに分けてつくっているんだよ。

工程こうていの1つ目

サトウキビからお砂糖のもとになる「原料糖げんりょうとう」を取り出す。

さとうきびから原料糖ができるまで
※出典:精糖工業会発行資料
キビー

「サトウキビ」は収穫しゅうかくしてから時間が経つごとにあまさがへって少なくなるから、収穫しゅうかくしたらすぐに工場に運ぶことが必要なんだ。そのため、工場はその島の中にあるんだよ。

工程こうていの2つ目

お砂糖のもとになる「原料糖げんりょうとう」から一般的いっぱんてきに使われるお砂糖「精製糖せいせいとう」をつくる。

キビー

原料糖げんりょうとう」を船で工場まで運んで、「精製糖せいせいとう」をつくっているよ。

原料糖から精製糖ができるまで
※出典:精糖工業会発行資料
キビー

「てん菜」からお砂糖をつくる場合、「サトウキビ」とちがうところは、「原料糖げんりょうとう」をつくらないことなんだ。そのため、ほとんどが生産せいさん地でそのまま精製まで行っているんだよ。

原料糖から精製糖ができるまで
※出典:精糖工業会発行資料
さらに詳しく

日本のお砂糖の生産せいさん量はどれくらい?

次の円グラフを見てごらん。2017年には世界のお砂糖の生産せいさん量は年間約1億7000万トン。このうち、約80%がサトウキビからつくられる「かんしゃとう」。残りの20%が「てん菜糖さいとう」だよ。日本の生産せいさん量はわずか0.4%。ほとんどが亜熱帯の中南米やアジアで生産せいさんされているよ。てん菜糖さいとうは、日本だと北海道でつくられているけど、世界ではヨーロッパや北米の涼しい地域で生産せいさんされているんだ!

世界のお砂糖生産国ベスト10

(出典:精糖工業会発行資料)

ここがポイント

お砂糖の原料となる「サトウキビ」「てん菜」は、それぞれ育つ環境かんきょうことなるよ。

お砂糖の主な原料 育つ環境かんきょう 主な生産地
サトウキビ 暖かい地域 鹿児島県や沖縄県
てん菜 涼しい地域 北海道

「サトウキビ」と「てん菜」では、お砂糖のつくり方にもちがいがあり、そのちがいは「原料糖げんりょうとう」をつくるかどうかだったね!

(参考:精糖工業会発行資料)