お砂糖いろいろ、レシピもいろいろ。料理に合わせてお砂糖を使い分けてみよう!

カップくん イントロ

ぼく、白くてサラサラのお砂糖しか知らなかったんだけど、おうちの台所に茶色のお砂糖があったんだ!

テンじい

それは「きび砂糖」か「三温糖さんおんとう」かのう。お砂糖にもいろいろな種類があるから、きっとお母さんたちも料理によって使い分けているんじゃよ。

白いお砂糖も茶色のお砂糖も、つくり方は一緒いっしょ

お砂糖には、みんながよく見る「白砂糖(上白糖)」の他にも、スッキリしたあまさの「グラニュ糖」、コクを出したいときの「三温糖」など、いろいろな種類があります。

「白いお砂糖は漂白ひょうはくしている」と誤解ごかいされることもありますが、純粋じゅんすいなお砂糖の結晶は無色透明むしょくとうめいで、結晶が光を乱反射らんはんしゃするため白く見えます。雪や氷が白く見えるのと同じなんですよ。

色にちがいがあるのは、糖液をつめる工程こうていによるもの。
工場ではまずグラニュ糖や上白糖などの白いお砂糖をつくります。残った糖液とうえきにはまだ糖分が残っているので、これを煮つめて結晶にする工程をくり返すことで、色が付いてきます。この糖液からできるのが三温糖とよばれる黄褐色おうかっしょくのお砂糖です。

和食にぴったり!きび砂糖

三温糖とよく似た、茶色の「きび砂糖」。

三温糖は、完全に精製された砂糖液から、白砂糖やグラニュ糖などをくり返しつくった後の液を結晶させてつくります。三温糖の色は、精製の工程で加熱をくり返すことにより付いたものなので、成分も白砂糖とさほど違いません。

これに対し「きび砂糖」は、精製途中とちゅうの砂糖液を、そのまま煮つめてつくります。そのため、大自然のめぐみをいっぱいに浴びて育ったさとうきびの風味がそのまま活きた、まろやかなあまさになります。和食だけでなくお菓子やパンづくりにも合うのでいろいろな料理にお使いいただけるほか、独特どくとくのコクのあるおいしさが楽しめます。

さらに詳しく

和食にもぴったり!きび砂糖を使った「コクうまレシピ」は、こちらをごらんください。

果実酒づくりには「氷砂糖」

大きなつぶの「氷砂糖」は、フルーツビネガーや果実酒をつくるときにオススメ。

氷砂糖は大きなかたまりなので、おやお酒にゆっくりとけていきます。そのため、お砂糖の濃度のうどは少しずつ高くなります。濃度が変わると、同じ濃さになろうとする力(浸透圧しんとうあつ)が働き、フルーツのエキスがしっかりと引き出されていきます。

フルーツビネガーは親子で作っても楽しいので、ぜひ挑戦ちょうせんしてみてください。

パパママ向けTOPIC

梅酒、レモン酒、かりん酒。季節のフルーツで作る果実酒レシピはこちらをごらんください。

テンじい

料理に合わせてお砂糖を使い分けると、ぐっとおいしくなるのう。ほかのお砂糖のとくちょうについてはこちらを見てみるのじゃ!

こちらにはレシピもたくさんっているぞい。