経営計画

トップメッセージ

コロナ禍において社会的責任を果たすとともに、経営戦略を着実に実施し、企業価値の向上に努めてまいります。

株主・投資家の皆さまには、平素より日新製糖グループへの格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

まず、足下の状況ですが、新型コロナウイルス感染症は第三波を迎えており、砂糖その他食品事業においては、観光や外食向けの業務用需要の落ち込みにより大きな影響を受けております。当社グループは、生活必需品である砂糖を消費者の皆さまへ安定供給し、社会的責任を果たすことを最優先として取り組んでまいります。
また、健康産業事業につきましても、フィットネスジムにおける感染懸念によるお客さまの休会から、厳しい経営環境が続いております。

こうした状況におきましても、経営戦略に基づく施策の推進、すなわち、精製糖事業の経営品質・経営効率No.1企業を目指すことを基本とし、その経営資源を活かして食品分野と健康産業事業における事業の拡大を着実に行っております。
砂糖その他食品事業においては、販売好調の「きび砂糖」の生産設備の増設を完了し、出荷を開始いたしました。ガラクトオリゴ糖製品については、シロップタイプの「オリゴの王様」が徐々に売上げを伸ばしております。また、フィルム製品においては、化粧品分野におけるオーラルケア製品への採用など、用途を広げております。
また、健康産業事業においては、FIA(日本フィットネス産業協会)水準を上回る感染防止策の徹底によりコロナ禍におけるお客さまの健康維持に貢献し、同時に、IT化によるコスト削減加速、お客さまのニーズに合わせた料金体系の見直し、店舗構成の再構築等により早期の業績回復を目指してまいります。

今後も、企業価値の向上に努めるとともに、公正で透明性の高い事業運営を行い、すべてのステークホルダーの皆さまの信頼とご期待にお応えすべく、グループ役職員一同全力を尽くしてまいりますので、引き続きご支援賜りますようよろしくお願い申しあげます。

2020年12月

代表取締役社長 COO 森田 裕のイメージ

代表取締役社長 COO森田 裕

コーポレート