人権方針

人権方針制定にあたり

日新製糖グループは、様々なステークホルダーとの信頼関係のもとに、事業活動を通じて、持続可能な社会の発展に貢献していくことを行動規範の中核におき、CSR経営に真摯に取り組んでいます。
日新製糖グループは事業活動を行ううえで、すべてのステークホルダーを尊重し、あらゆる人々が共生、協働できる社会および差別のない社会を創出すべく、国連の定める「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、「日新製糖グループ人権方針」を制定し、人権尊重の取り組みを推進していきます。

日新製糖グループ人権方針

人権の尊重

日新製糖グループは、「国際人権章典」(国連)および「労働における基本的原則および権利に関する宣言」(ILO宣言)を支持、尊重し、国連の定める「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づく人権尊重への取り組みを推進していきます。
日新製糖グループは事業活動において、常に人権を尊重し、人権を侵害せず、人権侵害へ加担せず、人権侵害が確認された場合は、その救済に取り組みます。
日新製糖グループは、私たちが企業活動を行うそれぞれの地域において、その国の国内法および規制を遵守します。
また、人権に関する国際行動規範と各国法の間に矛盾がある場合には、国際行動規範を尊重するための方法を追求していきます。
日新製糖グループは、本方針の実行に責任を持つ担当役員を明確にし、実施状況を適切に監督します。

人権デューデリジェンスの実施

  • 日新製糖グループは人権デューデリジェンスを実施し、組織やその企業活動が及ぼす人権に対する負の影響を特定し、その防止および軽減に努めます。
  • ・自らの組織や企業活動において、人権侵害や人権侵害への加担が判明した場合は、速やかに救済に取り組みます。
  • ・自らの企業活動において、人権侵害の是正に必要なステークホルダーとの対話と協議について、積極的かつ真摯に取り組みます。
  • ・人権尊重が企業文化として定着するよう、実効性の高い教育、研修を実施します。
  • ・自らの人権啓発に関する取り組み状況について、継続的に情報を開示します。

以上
制定日 2022年3月1日